医療従事者

無呼吸症候群に要注意|知らない間に訪れる病

寝ている間に症状出る病

女性

睡眠時無呼吸症候群は肥満や老化で起こる就寝時の呼吸の停止を指しますが、不眠や心身のバランスの悪化にも繋がります。夜中にむせて目覚めるなど異変を感じる場合は早めの受診が必要です。最近では睡眠の状況を記録するスマートフォンアプリもあり、睡眠時無呼吸症候群の発見に有効です。

もっと読む

受診をする

2人の男性

城東区の内科では、症状に応じた対応を行っています。必要であれば、専門の病院に紹介をしています。また健康を維持するように、健康診断や予防接種も行っています。なので、もし、受診をする際には、無理をせずに早めに受診をするといいでしょう。

もっと読む

日中の眠気に注意

看護師

この症候群かもしれません

無呼吸症候群は、睡眠時に呼吸が停止する症候群です。定義としては、睡眠時に10秒以上の無呼吸が1時間で5回以上、もしくは一晩で30回以上ある場合を言います。睡眠時に時々無呼吸になることは誰にでもありますが、回数が頻繁になると眠りが浅くなり、日中に様々な弊害があらわれてきます。睡眠時間をきったりと取ったはずなのに、無呼吸が頻繁でしっかり体と脳が休めていないので、日中に眠気に襲われる、頭がぼーっとしてすっきりしない、集中力が欠ける、倦怠感が残る、などの症状が出ます。車の運転や仕事に影響を及ぼすことにもなりかねないので、無呼吸症候群を軽く見てはいけません。次に、無呼吸症候群の方の他の症状を見ていきましょう。

夜間のいびきのせいかも

無呼吸症候群といえば、いびきです。気道が狭くなることでいびきが出ます。いびきが突然止まり、数秒から数分後に再びいびきが始まる、呼吸が止まる、息苦しそうにしているなどの症状があります。自分では気づきにくいので、家族に聞いて教えてもらいましょう。他にも朝起きると口が渇いていることも症状としてあります。それらに加えて、先ほど述べた日中の症状があれば、無呼吸症候群の可能性が高まります。女性よりも男性に多く、太っている方や首の短い人、首まわりの脂肪が多い人、舌の大きい人、顎が小さい人などがなりやすいと言われています。自覚症状がある方は、病院で無呼吸症候群であるかを調べる検査を受けることができます。器械を装着し一晩眠るだけの簡単な検査です。病院によって、一泊入院する場合と自宅に器械を持って帰って自分で装着する場合があります。一晩の無呼吸回数や血液中の酸素飽和度が測定され、無呼吸症候群かどうか判断できます。自覚症状のある方は一度内科を受診し、医師に相談してみましょう。

健康診断を受けましょう

ドクター

平野区の病院では健康診断に力を入れています。学校や会社などで健康診断を受ける機会のない方は、平野区の病院で定期的な健康診断を実施するようにしましょう。また長期に海外渡航をする方は健康診断のカルテが必要となる場合があります。必要な方は平野区の病院で医師に相談するようにしましょう。

もっと読む